自立と社会参加を目指して、ヒューマンケア協会

自立に関する各種相談

header

見出し 自立生活とは

 自立生活とは、介助が必要な重度の障害者であっても自らの意志によって、自らの人生を選択し、決定し、地域の中で社会の一員として主体的に生きていくことです。

 長い間、重度の障害者には、家族と一緒の生活(在宅)か、施設生活かのニ者択一の生活しかないように思われてきました。
 しかし、近年徐々に重度の障害者にとっても、自立生活は重要な課題であるといった認識が広まりつつあります。その一方で一体自立生活とは何なのか、又それをどのように実現するのかの明確な定義も座標もないまま、漠然と地域に出たいと考える多くの障害者達がいることも事実です。
ヒューマンケア協会が提供する各種プログラムやサービスは、長い自立生活経験と当事者支援の実績を積んだピア・カウンセラーと関わる中で、利用される方一人一人のエンパワメントを目的としています。
また、自立生活や障害者の地域生活、福祉制度等に関するご相談は、いつでもどなたからでも受けております。

line

ページトップへ